乳酸菌は何故便秘に良いのか

乳酸菌と聞くと、お腹(腸)に良いというイメージが、まず頭に思い浮かぶのではないでしょうか? 便秘や逆にお腹が緩いなどの症状のある方は、ヨーグルトのようなモノを食べるのは勿論、 中には乳酸菌の入った薬などを服用されている方もいることでしょう。 しかしその乳酸菌にどうして「整腸作用」があるかと聞かれると、説明出来る人はなかなか居ないのも現実かと思います。

【生きた乳酸菌の効果】

人間の腸の中には、いわゆる善玉菌、悪玉菌、日和見菌と呼ばれるさまざまな種類の菌が生きたまま住み着いていますが、 悪玉菌や日和見菌が増えると腸の状態が悪くなり、善玉菌が増えると、 腸の状態が良くなるのは常識として知られています。 勿論、乳酸菌は善玉菌の一種です。

善玉菌の中でも特に乳酸菌が腸内で増えると、まず腸の蠕動(ぜんどう)運動と呼ばれる動きが活発になります。 主に乳酸菌が作り出す乳酸が腸を刺激することで、蠕動運動が活発になるからです。 この蠕動運動により、腸内にたまったカスが便として体外に排出されるわけですから、便秘に効果があるのも当然のことですね。

そして、乳酸菌自体にも腸の水分や栄養の消化吸収を高める能力がありますので、 効率よく便を作り出す能力が高まることも、便秘に効果がある理由として挙げられます。

【死んだ乳酸菌の効果】

生きた乳酸菌の効果は上記の通りですが、実は食事などで乳酸菌を摂取しても、 かなりの割合において、胃酸等で乳酸菌は活きたまま腸には届かないという現実があります。 加工などによって、この割合を高めているヨーグルトや薬剤などもありますが、 それでも限界はあるわけです。 また、外から取り入れた乳酸菌は、なかなか定着しないという研究結果もあります。

しかしながら、死んでしまった乳酸菌でも、十分便秘などの整腸作用に効果があるのです。 死んだ乳酸菌が言わば食物繊維のように腸内を掃除するのに役立つのは勿論、 乳酸菌が作り出した生成物の成分や乳酸菌そのものを構成している物質等が、 腸内に住み続けている「常在菌」と呼ばれる菌の中の善玉菌の増殖に役立つと言われています。 ですからヨーグルト等の乳酸菌食料・飲料を摂取した場合には、 体内で乳酸菌が死んでしまっても、中に含まれている成分などに十分意味があるということになります。

基本的に、腸内環境を整えるのに最も重要なことは、 善玉菌の常在菌を増殖させることだと考えれば、ある意味死んだ乳酸菌にこそ効果があるのかもしれません。 以上のような乳酸菌の働きのおかげで、便秘が改善されるということになります。 善玉元気の口コミ